家康公シンポジウム2024「家康公がつくった江戸の仕組み」<定員満席につき受付締切り>

<満席御礼・聴講受付は締切りました>

来たる令和6年2月3日に開催されます家康公シンポジウム2024「家康公がつくった江戸の仕組み」の聴講受付開始のご案内です。

戦乱の世を収め、長期にわたる天下泰平の世の礎を築いた徳川家康公。
戦国から平和へ。時代と社会秩序の大転換を成し遂げた家康公の統治戦略を振り返ります。

令和5年12月22日より聴講お申込み受付を開始致します。ご聴講は無料です。

<満席御礼・聴講受付は締切りました>

■日時 令和6年2月3日(土曜)13時30分~17時(開場12時30分)
■会場 岡崎市せきれいホール(岡崎市朝日町3丁目36−5)
■定員500名 ※定員満席となりましたので受付を締切りました。
■内容 第1部:基調講演/第2部:パネルディスカッション
<第1部 基調講演>
① 「家康公の統治理念」講師 国際日本文化研究センター名誉教授  笠谷 和比古 氏
② 「外国人宛ての家康朱印状をめぐって」  講師 東京大学史料編纂所教授  松方 冬子 氏
<第2部パネルディスカッション>
 「家康公がつくった江戸の仕組み」


■主催 一般社団法人徳川家康公に学ぶ会
■協賛 公益財団法人德川記念財団/岡崎市徳川家康公顕彰推進協議会/岡崎商工会議所

関連記事